色んな意味で「おもしろ」をモットーにいろいろやっております絵描きです。
自分の絵の描き方は独学ですので一風変わった雰囲気かもしれません・・・。
当ブログでは自分の無駄知識や雑学なども含め、気ままに書いていけたらいいな~と思っておりますです。はい。(※どちらかというと多忙なので悪しからず・・・)

...

▼あ~、うるさい!<画像引用元>▼ブルドーザーじゃないよ<画像引用元>陸上自衛隊でも採用されている203mm自走榴弾砲。155mm榴弾砲をも上回る、203mmという大口径は核砲弾による面制圧も想定していたからである。155mm榴弾砲で使用するM107榴弾は砲弾重量43.2kg(炸薬6.6 ...

...

▼元ネタはダース・ヴェイダーかな?<画像引用元>F-ZERO GXにて悪の帝王ブラックシャドーを裏で操っていた真の黒幕「デスボーン」。ストーリーではブラックシャドーすらひれ伏し(アニメでは逆だけど)、レースで異常なスピードを誇っていたデスボーンと彼の愛機である暗 ...

...

▼小銃には負けないぜ!?<画像引用元>短機関銃は「弾丸ばら撒き機」という汚名があるほど、命中精度が低い。重いボルトだけで薬室に蓋をするシンプルブローバックでオープンボルトなので致し方ないといえばそれまでだが、それでも同じ弾薬を使用するのに平均的な有効射程 ...

...

...

▼サーチライトだ!<画像引用元>MP28を参考に設計された短機関銃。早い話が、本銃はステンガンの高級仕様ともいえる存在であり、一体型木製曲銃床やバレルジャケットを備えていた。ただ、それゆえに重量は4.3kgと重めだった。(それでも本銃は高評価だったようだが)ステン ...

...

▼俺も涼みたいよ~!<画像引用元>USBから給電することで駆動する小型の扇風機。パソコン使用者が涼む以外に、パソコン自体が涼むことも可能である。タワー型デスクトップパソコンの場合は扇風機の風を吸気口に直接吹き付けることで内部の冷却効果を加勢してくれる。放熱能 ...

...

▼両方は欲張りだぜ!<画像引用元>二脚と三脚、どちらの方が優れているのか?・・・結論として、一長一短あるので一概には言えず使い分けることが要である。二脚は軽便だが安定性が低く、自立できない。三脚は重くて嵩張るが安定性が高く、自立できる。ゆえに小火器では機 ...

...

...

▼・・・勝手に外さないでね!<画像引用元>アクション映画のヒーローは湯水のように機関銃を撃ちまくるが現実世界では至難の業である。もちろん現実世界での機関銃もぶっ放すことは可能だがそんな使い方をしていてはあっという間に弾切れと「銃身交換」に陥ってしまうだろ ...

...

...

▼・・・分厚っ!!<画像引用元>複合装甲といえば、現代戦車の砲塔前面と車体前面にのみ採用されていると思われがちだが、メルカバ戦車のサイドスカートには複合装甲が採り入れられている。なお、このサイドスカートはメルカバMk.2の後期型から採り入れられている。メルカ ...

...

▼「レッブー!」<画像引用元>世界的に有名な栄養ドリンク。栄養ドリンクとして売上、シェアともに世界で第1位である。2012年には全世界で52億本が消費された(うち、2億6,000万本はイギリスで消費された)。タイの清涼飲料水を元に作られている。なお、国ごとの法規制の関係 ...

...

▼巨大なブレンガンみたいですね<画像引用元>▼車載火器としても活躍した(・・・画像はソ連軍です)<画像引用元>第二次世界大戦初期のイギリスの対戦車ライフル。ユニバーサルキャリアやディンゴなどでブレンガンの代わりに装備されたり、軽装甲車両の自衛用火器として ...

...

▼もっと高くツンデツンデ!!<画像引用元>超巨大な古代の攻城塔。名前の「ヘレポリス」とは「市街の奪取者、街々の陥落者」という意味らしい。紀元前304年の兵器でありながらも、その大きさは圧倒的で全高40m、全幅20m、重量160tであった。(←古代の兵器だが、その重量は ...

...

▼き、キングタイガー!?<画像引用元>▼コンなカラーです!<画像引用元>ソ連のJSIIIに対抗して設計された重戦車。名目上は英軍唯一の重戦車である。第二次世界大戦後のソ連軍によるパレードでお披露目された未知の重戦車「JSIII」に危機感を抱いた米英は本車やM103ファ ...

...

▼こおりのつぶて!!<画像引用元>日本のコンビニエンスストア最大手「セブンイレブン」だが、その起源はアメリカの氷販売店である。1927年、当時のアメリカでは冷蔵庫がまだ普及していなかったため、地元住民にとって氷販売店は必要不可欠な存在であった。そこで、夏季は ...

...

↑このページのトップヘ